絶対一度は行ってみるべき名古屋 味仙 おすすめメニュー

生活
スポンサーリンク

こんにちは、トンキーです。

 

普段家族と出かけた時に食べ歩くことが好きです。

 

今回は名古屋めしの代名詞、「台湾ラーメン」。

発祥の地といわれるのが「味仙 今池本店」です。

創業以来人気の台湾ラーメンが食べれる台湾・中国料理の名店、味仙の事調べてみました。

 

スポンサーリンク

「味仙」の歴史

 

今では誰もが聞いたことのある「台湾ラーメン」の名前。

台湾ラーメンは、味仙 今池本店で生まれた。本場台湾にこのラーメンはない。

 

今から約40年前、当時の店主が従業員の巻かないように、台湾で小皿に盛って食べる担仔麺(タンツーメン)というものを、激辛にアレンジして食べ始めたのが起源だという。

 

台湾ラーメンのスープは鶏ガラに、唐辛子やニンニクで煮込んだ激辛ミンチ、ニラを山盛り乗せる。

辛さが後を引き、癖になる美味しさです。

 

 

味仙のおすすめ人気メニュー

 

・台湾ラーメン

 

やっぱり一番人気は、名古屋めし代表「台湾ラーメン」。

 

ベースの鶏ガラスープに激辛のミンチとニラが乗り、唐辛子の辛味がたっぷり入れられたラーメンをすすると、思わず辛さで咳き込んじゃいます。

初心者の方は気を付けて!

 

・子袋

 

コリコリとした食感の子袋。

丁重に洗いボイルされ臭みのなくなった子袋に、しょうゆ、ニンニク、唐辛子とごま油で味付けされた一品。

こちらも辛さは十分です。

 

・青菜炒め

 

注文してからテーブルに届く早さが驚きの青菜炒め。

小松菜をニンニクと一緒に強火でサッと炒め、小松菜のシャキシャキの食感も楽しめます。

 

・手羽先

 

名古屋めし代表ともいえる手羽先は、特製のタレで煮込まれており、コショウがたっぷりかかった、唐辛子の辛さとは一味違う辛さの一品。

これはドリンクが進みます。

 

・アサリ炒め

 

醤油ベースのスープと唐辛子で炒められたあさりは、プリプリした食感が病みつきです。

ピリッと絡みもあり、食べる手が止まりません。

 

 

店舗概要

 

・店名

 

味仙 今池本店

 

・住所

 

名古屋市千種区今池1-12-10

 

・電話番号

 

052-733-7670

 

・アクセス

 

名古屋営団地下鉄 東山線・桜通線「今池駅」9番出口より徒歩2分

 

・営業時間

 

午後5時30分~翌午前2時(ラストオーダー 午前1時30分)

 

・定休日

 

無休

 

 

まとめ

 

台湾ラーメンは激辛ですが癖になる味わい深い元祖の味です。

名古屋市内をメインに11店舗あり、各店舗により、少しづつ味付けやメニューも違うそうです。

名古屋に来た際は、各店の味を食べ比べ、自分のおすすめメニューを見つけるのも楽しいかもしれませんね。

是非皆さんも「台湾ラーメン」の元祖「味仙」に行ってみてくださいね。

コメント