生田絵梨花写真集2ndの値段は?売り上げが異次元でヤバイ!

エンタメ
スポンサーリンク

こんにちは、トンキーです。

乃木坂46のメンバーで、ドイツからの帰国子女でお嬢様キャラでもある生田絵梨花さん。

その生田絵梨花さんの2nd写真集『インターミッション』の売り上げが、異次元でヤバイことになっているそうです。

今回は生田絵梨花さんの2nd写真集の値段、売り上げを調べてみました。

 

スポンサーリンク

生田絵梨花プロフィール

生田絵梨花さんは1997年1月22日にドイツのデュッセルドルフ生まれ、その後は5歳から東京で育ちました。ピアノは3歳から始め、小学生の時にミュージカル『アニー』のを見て舞台女優を目指す夢を持ちました。

生田絵梨花さんが乃木坂46に入ったきっかけは、インターネットで乃木坂46の1期生オーディションがあることを知り、母との相談を経て応募し、見事オーディションを通過。その後は乃木坂46の活動と並行しながら女優や舞台俳優としても活躍しています。

 

芸能活動を乃木坂46の1期メンバーとしてスタートさせた生田絵梨花さん。

暫定選抜メンバーとして選ばれた活動当初は、立ち位置は後列で、それほど際立った存在ではありませんでした。

しかし、持ち前の才能を発揮し、日本クラシック音楽コンクールでのピアノ部門で入選したり、声優オーディションを受け映画「ハンガー・ゲーム」の日本語吹き替え版に出演といった乃木坂46以外での活動にも精力的に行動し人気を集めることとなりました。

一時、2014年に芸能活動を大学進学のため休業していましたが、復帰したのちミュージカル「虹のプレリュード」で主演に抜擢され大々的な復帰をしています。

 

生田絵梨花さんの2nd写真集の凄さ

2nd写真集『インターミッション』の撮影は2018年の9月に「ニューヨークで発見する、新しい自分」をテーマに、街並みや舞台で躍動する姿などを7日間のスケジュールで撮影したそうです。

写真集は3度目の重版で3万部の増刷と好調な売れ行きのため、累計発行部数は写真集としては異例の30万部を超えました。

発売当初も女性ソロ写真集としては、出版元の講談社110年の歴史の中でも最多初版部数の20万部で販売開始したものの、わずか2週間で初版分20万部は完売状態に。

30万部を突破したのは、乃木坂46のソロ写真集の中でも白石麻衣さんの2nd写真集『パスポート』のみ。白石麻衣さんの写真集は15ヶ月かけて19度目の重版で30万部だったのが、生田絵梨花さんの写真集は、わずか1ヶ月で3度重版され30万部突破を記録する異次元のスピードでした。

 

2nd写真集『インターミッション』価格は?

現在2nd写真集『インターミッション』の価格は1,944円(税込)で販売されています。

これを30万部の合計販売価格で計算すると驚異の5億8320万円!!利益はどれほどあるのか知りたくなりますね。流通的な本の利益配分はおおよそ書店2割、取次1割、版元7割となっているので、出版元の利益は4億824万円といったところでしょうか。

これには出版元の講談社さんも嬉しい悲鳴が上がります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生田絵梨花写真集 インターミッション [ 生田 絵梨花 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/4/9時点)

 

 

まとめ

今後も写真集を3作目、4作目と出版していくと思いますが、どれだけ売り上げを伸ばせるか楽しみですね!

生田絵梨花の演技力、歌唱力の評価は?下手すぎると酷評!?

生田絵梨花の家族構成!家はお嬢様でお金持ち?姉は東大生?

生田絵梨花出演、集団左遷あらずじ、キャスト紹介!!

コメント