【名古屋名物】味噌カツ、矢場とんのおすすめメニュー!わらじかつ定食の口コミ感想

生活
スポンサーリンク

こんにちは、トンキーです。

 

食べ歩きが好きす。学生時代名古屋へもよく通いました。

今回は、そんな学生時代から好きでよく通った、名古屋めしの代表的なお店「矢場とん」の味噌カツを紹介します。

名古屋名物味噌カツの有名店といえば矢場とんですよね。

今回は名古屋名物味噌カツ、矢場とんのおすすめメニューを調べてみました。

スポンサーリンク

名古屋名物味噌カツの矢場とんとは

矢場とんの味噌カツの味噌だれは、よくあるイメージの黒くドロドロしたものじゃなく、さらっとした赤茶色のたれで、味も濃すぎず、地方から来た人にも味わいやすいたれの味付けになっています。

 

名古屋の人が日頃よく食べる味噌は、赤味噌が多く、独時の濃い味付けで苦手な人もいますが、矢場とんの味噌は軽い味付けになっています。

 

現在、矢場とんの人気は名古屋に限らず、東京や大坂、富山、福島など、全国のいろいろな場所で食べることができます。

 

矢場とん 店舗の目印

 

矢場とんの店舗では、玄関に横綱を腰に巻いた豚のキャラクター、横綱ぶたがお客さんが来るのを出迎えています。

目立つので迷わず入っていけますね。

 

この横綱ぶたのグッズが店内売られており、観光客には人気の商品になっているようです。

ぜひお土産にいかがでしょうか?

 

 

矢場とんのおすすめメニュー

 

鉄板とんかつ定食、ひれかつ定食などいろいろありますが、やっぱりおすすめは一番人気のわらじかつ定食ですよね。

わらじというだけあり、カツの大きさが半端ない。

 

味噌だれは定員さんがテーブルまで来て、その場でたっぷりとかけてくれます。

いや、そんなにかけたらとんかつの味が味噌だれだけになっちゃうんじゃ、って思うほど、これでもかってくらいドバドバドバ。

 

大きな見た目とたっぷりかかったみそだれで、食べる前からくどそうに思ってしまいますが、思ったよりもあっさりいけます。

 

豚肉は柔らかく、肉汁たっぷりでご飯とともに箸がすすむすすむ。

白米と味噌だれが絡むと、ご飯だけでも何杯もいけちゃいそうです。

 

この味噌カツ、味の変化を楽しみたい人は、ウスターソースを希望をすることもでき、半分のカツにかけてもらうこともできますよ。

 

この他にも、子供に人気な洋食メニューのカレー、ハヤシライス、オムライスなどがあり、家族で行っていろいろな味を楽しむのも楽しいですね。

 

やや値段は高いメニューが多いですが、たまのお出かけの時には少しくらいいいかなと思います。

 

まとめ

 

「矢場とん」は昭和22年からの創業。長く名古屋の人々に愛され続け、今では全国各地に店舗を構えるほど成長。

 

独特の甘みのあるみそだれは、トンカツとの相性もばっちりです。

名古屋人が愛する名店「矢場とん」は名古屋名物、味噌カツの伝道師。

ぜひ名古屋に行ったときには食べてみてくださいね。おすすめですよ。

コメント