中津川市の栗きんとん、おすすめ店舗と食べ比べ情報

生活
スポンサーリンク

こんにちは、トンキーです。

食べ歩きが好きです。

今回は地元中津川市の栗きんとんを紹介します。

 

「栗きんとん」っていうと、お正月のお節料理に入ったものを想像しますよね。

 

中津川市の栗きんとんは違います。

中津川市の栗きんとんは、炊いた栗から中身を掘り出し、栗に砂糖を加え煮て潰したものを裏ごしし、茶巾絞りで形を整え作り上げる和菓子です。

 

 

スポンサーリンク

栗きんとんの歴史

 

「木曽路はすべて山の中である」という有名な文豪島崎藤村の「夜明け前」の書き出しで知られているのが長野県との県境にある岐阜県中津川市。

 

このあたり一帯は山間地となっており、昔から山々でとれる自然の恵みは大変貴重なものでした。

 

江戸時代ごろには自生している山栗を収穫し、各家庭で焼き栗にしたり、茹で栗にするなど、様々な食べ方をしていたようです。

 

そんな食べ方の中でも蒸し栗の中身を取り出し、すり鉢でつぶし布巾で絞って食べていたものが栗きんとんの発祥といわれています。

 

その後、商品化は明治になり菓子屋行い、さらに大正時代に入ると栗の栽培が盛んになり、栗きんとんの生産量はどんどん増加。

 

それにつれて和菓子屋も増え、中津川の和菓子店が各自発展し、「栗菓子の街」として有名になりました。

 

 

栗きんとんを楽しむなら、まずはメジャーなこの2店をおすすめ

 

「栗きんとん本家 すや本店」

 

すやの栗きんとんは、甘過ぎない上品な味わいとなめらかな舌触り。

栗自体の甘さを生かし、口の中で溶けてなくなるような食感です。

 

住所:岐阜県中津川市新町2-40

 

 

「川上屋 本店」

 

川上屋の栗きんとんはねっとり感と、しっとり感が特徴です。

栗の甘さもしっかり感じられ、食べていて幸せになりますよ。

 

住所:岐阜県中津川市本町3-1-8

 

 

様々な店舗の味を食べ比べしたい人

 

中津川市のJR中津川駅のローターリーすぐ横に、にぎわい特産館という建物があります。

 

ここでは中津川市の観光案内をはじめ、中津川市内各店舗の栗きんとん、そして栗きんとん以外のお菓子や、様々な特産物を購入することが可能です。

 

各店舗の味比べをしたい方や、各店舗の栗きんとんの特徴が書かれたパンフレットもあり、どこの店の栗きんとんを買おうか迷っている人におすすめです。

 

まとめ

 

中津川市の栗きんとんシーズンは毎年9月の始まりから12月までです。

店舗以外にもホームページなどでお取り寄せもできるそうです。

 

しかし、秋の行楽シーズン、中津川市の近くまでお寄りの際は、ぜひ本場中津川で「栗きんとん」を食べていただくことをおすすめします。

りくろーおじさんのチーズケーキの店舗はどこ?通販お取り寄せはできる?

コメント