横浜流星の高校どこ?反抗期がやんちゃでヤバかった!!

エンタメ
スポンサーリンク

こんにちは、トンキーです。

ドラマ、映画、歌手活動と休む暇もないほどの横浜流星さん。

今後も映画やドラマ、CMなどへの出演が数多く決まってるブレイク中の俳優さんですね。そんな横浜流星さんですが、高校時代はやんちゃで反抗期がヤバかったそうです。

今回は横浜流星さんの学歴と、どんな高校時代を送っていたのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

横浜流星プロフィール

横浜流星さんは神奈川県横浜市出身で俳優・モデル・歌手をしています。生年月日は1996年9月16日生まれ。小学校6年生のとき、家族と一緒に初めて行った原宿でスカウトされ、現在の事務所に所属。

小学一年生の頃から空手を始め、中学3年生の時に開催された第七回国際青少年空手道選手権大会で13、14歳男子55キロの部で優勝を飾っています。

 

View this post on Instagram

 

横浜流星さん(@ryuseiyokohama_official)がシェアした投稿

出身高校

横浜流星さんの出身高校は、多くの芸能人を卒業生に持つ、日出高校芸能コースに通いました。流星さん自体は出身校を公表していませんが、俳優の高杉真宙さんが同級生だったと公言しています。

高杉真宙さん日出高校芸能コースを卒業されていますので、流星さんも同じ高校の出身ということがわかります。

もともとあまり仲良くなかった2人だったそうですが、真宙さんが高校2年生の時に「仮面ライダー鎧武」出演しており、そのころトッキュウジャーのオーディションを受けていた流星さんから相談を持ち掛けられたことをきっかけに、現在は親友と呼べるほどの間柄になっています。

 

出身中学校

出身中学は、埼玉県北葛飾郡松伏町の松伏第二中学校です。

こちらの卒業生は、プロゴルファーの石川遼選手や、男子バレーボールのゴッツ石島選手(トヨタ自動車ビーチバレーボール)、佐藤望実選手(FC東京)が卒業されています。

小学六年生の時にスカウトされ芸能活動を開始していますが、中学時代は特技の極真空手(初段)を優先し、中学3年時に世界大会、第七回国際青少年空手道選手権大会で優勝を飾っています。また、部活動は陸上部に所属し、スポーツ活動に励む中学生として過ごしています。

現在は俳優として活躍の横浜流星さんは、中学時代はファッション雑誌「ニコプチ」や「nicola」のモデルを中心に務め活躍しました。

 

横浜流星 反抗期の高校時代

横浜流星さんはインタビューで反抗期が長かったと公言しています。

高校1年のころは当時の担任の先生に何度も叱られ、やんちゃすぎる生徒で、親にも反発する態度を取っていたといいます。

しかし、高校2年のころから芸能活動が盛んになり、俳優の仕事を通して、その仕事に携わる大人と接し、援助してくれる親や助けてくれる大人の人たちに感謝の気持ちが芽生え、意味もなくいつもイライラしたりモヤモヤしたりした気持ちが落ち着いていきました。

今では当時叱ってくれた高校の先生と現在も親交が続き、軽口を言い合えるほどの仲になったそうです。

また、現在は一人暮らしをして、親のありがたみを実感しているそうです。

反抗期にも真剣に向き合ってくれる先生や、大人たちが周りにいて幸せでしたね。

 

まとめ

反抗期は高校生くらいの思春期にはだれでもありますよね。

反抗期を乗り越えた時に周りの大人に感謝の気持ちが芽生えたなら、立派な大人になったという証拠です。

今後も横浜流星さんの活躍願っています。

横浜流星痩せた!忙しすぎて5キロ減!画像で確認!

横浜流星の情報をもっと知りたい方は

>>横浜流星まとめ情報

コメント