生田絵梨花の演技力、歌唱力の評価は?下手すぎると酷評!?

エンタメ
スポンサーリンク

こんにちは、トンキーです

乃木坂46でアイドルとミュージカル女優で活躍の生田絵梨花さん。

先日放送された深イイ話2時間スペシャルでも密着取材で、生田絵梨花さんの多忙ぶりが紹介されていました。

そんなアイドル、ミュージカル、舞台女優としてもめざましい活躍を見せる、生田絵梨花の演技力、歌唱力の評価がどのように言われているのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

生田絵梨花プロフィール

 

View this post on Instagram

 

生田絵梨花 • 乃木坂46・さん(@_ikuta.erika)がシェアした投稿


生田絵梨花さんは1997年1月22日にドイツのデュッセルドルフ生まれ、その後は5歳から東京で育ちました。ピアノは3歳から始め、小学生の時にミュージカル『アニー』のを見て舞台女優を目指す夢を持ちました。

 

生田絵梨花の演技力の評価

 

View this post on Instagram

 

生田絵梨花 • 乃木坂46・さん(@_ikuta.erika)がシェアした投稿


大人気なアイドルグループ乃木坂46の活動をこなしながら、単独でミュージカルや舞台に出演し、着実に経験を積み上げている生田絵梨花さんですが、演技力が下手といわれてもいるようです。本当にそうなのでしょうか?

 

生田絵梨花さんはミュージカルの根強いファンから「演技下手」といわれているようですが一般の方からは「演技がうまい」、「舞台の経験を重ねるごとに表現力が上がっている」と絶賛されています。

まだ経験が浅く年齢も若い分、ベテランの出演者よりも力不足なところもあるでしょう。しかし、日々努力を重ね、成長し2017年1月から3月にかけて、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』でジュリエット役、同年5月から10月にかけて、ミュージカル『レ・ミゼラブル』でコゼット役を歴任。同年6月12日、ミュージカル女優として評価され、第8回岩谷時子賞奨励賞を受賞しています。

その後も2019年4月、『モーツァルト!』のコンスタンツェ役、『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』のナターシャ役の演技が評価され、第44回菊田一夫演劇賞を受賞することとなりました。

演技が下手では賞を受賞することは難しいと思うので、アイドルという色眼鏡で見られ、「下手」と言われてしまうのでしょうね。

 

生田絵梨花歌唱力の評価

 

View this post on Instagram

 

生田絵梨花 • 乃木坂46・さん(@_ikuta.erika)がシェアした投稿


舞台でもテレビでも活躍の場が幅広い生田絵梨花さん。音楽番組の出演も多く、生田絵梨花さんは乃木坂46の中で知名度、歌唱力、声量とピカイチです。

最近は音楽番組でミュージカル俳優らと共演する機会も多く、声量ときれいに伸びる透明感ある歌声は、生田絵梨花さんのことを知らない人は、本当はアイドルということを知らない程です。オペラ歌手の森公美子さんも生田絵梨花さんの歌声について、「きれいな声」と絶賛されています。

一般の方からも「歌声がきれい」、「歌もうまいし、はきはきしていて伸びがいい」と評価は上々です。しかし「他の俳優より声量不足」、「歌声が弱い」、「音程がずれる」ともいわれており、まだまだこれからといったところでしょうか。

 

まとめ

まじめな性格で努力を惜しまず、アイドル活動、ミュージカル女優として活躍する生田絵梨花さんの演技力、歌唱力の評価は「上手い」との声が多数ですが、まだ伸びしろがあるといったところでしょうか。

努力家な生田絵梨花さんですので、誰からも高評価を得るよう活躍するのではないでしょうか。

生田絵梨花の家族構成!家はお嬢様でお金持ち?姉は東大生?

生田絵梨花写真集2ndの値段は?売り上げが異次元でヤバイ!

生田絵梨花出演、集団左遷あらずじ、キャスト紹介!!

コメント