「名古屋めし」おすすめの名店、スパゲティハウス ヨコイ

お出かけ
スポンサーリンク

こんにちは、トンキーです。

 

食べ歩きが好きで、地元から近い名古屋へちょくちょく足を運びます。

今回は、名古屋めしの「あんかけパスタ」の有名店、スパゲッティハウス ヨコイを紹介します。

 

スポンサーリンク

店名

スパゲティハウス ヨコイ

 

錦、住吉、KITTE名古屋の3か所で店舗を構えています。

 

住所

錦店:名古屋市中区錦3-14-25 アサヒビル1F

住吉店:愛知県名古屋市中区栄3丁目10−11 サントウビル2F

KITTE名古屋店:愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1−1 KITTE名古屋

 

名古屋めしといったらあんかけスパ

 

そのあんかけスパの元祖といったらスパゲティハウス ヨコイです。

 

伝統の味を50年以上守り、今も若者からお年寄りまで愛され続けています。

おいしさの秘訣はピリッとパンチが効いたあんと、そのあんがよく絡む2.2mmの太い麺。

現在では、どこのあんかけスパゲティ屋さんでも、この面の太さは共通するものになっています。

 

学生時代には買い物帰りや映画を見た後などに住吉店へよく行っていました。

住吉店の雰囲気は、落ち着いた感じで、昔ながらの喫茶店のような趣があります。

ゆっくりしていると、時間がたつのを忘れそうになるくらい!

 

おすすめメニューはこれ!

 

ウインナー、ハム、ベーコン、オニオン、ピーマン、マッシュルームがトッピングされた『ミラカン』。人気ナンバーワンです。

現在のヨコイの代名詞といえば、『ミラカン』お客さんの要望で完成したといいます。

 

ミラカン名前の由来は、ソーセージやベーコン等の肉類をのせたパスタを「ミラネーゼ」と呼び、野菜をのせたパスタは「カントリー」といい、合わせて「ミラカン」となりました。

肉と野菜が一度に味わえるため、一番人気となっています。

 

トッピングが豊富

 

あんかけパスタはトッピングの種類が豊富です。

 

カントリーに豚肉の黄金焼きがのせられた「カントリーピカタ」。

 

海老フライとミラネーズがのっている豪華で名古屋を象徴するようなパスタの「海老ネーズ」。

海賊を意味する「バイキング」。

のせるのは海賊をイメージした海産物。手仕込みの白身フライ、冬季にはこだわりの牡蠣フライ。

目玉焼きもトッピングされボリュームも満点です。 創業時からの定番商品ですね。

 

まとめ

 

名古屋の地元の人たちに愛され、50年以上。

現在は出張や観光で名古屋に来た人たちにも人気となり、名古屋めし名店の「ヨコイ」のあんかけスパゲッティを食べた後は、病みつきでこの味が忘れられないとも。

是非名古屋にお出かけの際は、あなたも食べてみることをおススメします!

コメント