大坂なおみ元コーチに2億円請求され訴えられる!真相は!?

エンタメ
スポンサーリンク

こんにちは、トンキーです。

女子テニス、大坂なおみ選手の大活躍がとまりませんね。

全米オープンテニスに続き、全豪オープンテニスも優勝で、グランドスラム大会2連勝中です。今後どこまで活躍が伸びていくのか楽しみです。

そんな活躍の中、大坂なおみ元コーチに2億円の請求を受け訴えられたということです。

どういうことなのかプロフィールと共に調べてみました。

 

スポンサーリンク

大坂なおみ選手 プロフィール

大坂なおみ選手はハイチ出身の父フランソワさんと、北海道出身の母・環さんの間に生まれ3歳まで日本で育ち、その後アメリカのフロリダに居住しています。生年月日は1997年10月16日生まれ(21歳)。

姉の大坂まりもプロのテニス選手。

 

2019 全豪オープン決勝では、優勝及び、勝った方が世界ランキング1位となる1戦、見事ペトラ・クビトバ選手に2-1で勝利し、男女を通じて日本人初の世界ランキング1位を獲得しました。現在はツアー大会通算3勝。うち2勝は全米オープン、全豪オープンのグランドスラム大会です。

 

グランドスラム初制覇の全米オープン決勝、相手はあこがれのセリーナ・ウィリアムズ選手と対戦しました。

観衆もセリーナを応援する中見事勝利しましたが、セリーナと審判のジャッジ問題もあり、表彰式は大ブーイングの異様な雰囲気に。

その中で、大坂選手は観客の気持ちを汲み取り、「セリーナが勝ってほしかったことはわかっている。こんな終わり方になってごめんなさい」とスピーチ。

するとブーイングを送っていた観客も一気に祝福モードと切り替わりました。

大坂選手が世界の人々の心を掴み、スターへと駆け上がった瞬間でしたね。

 

国籍は日本とアメリカの二重国籍となっています。英語は得意ですが、日本語は話す方が苦手ですね。

性格はシャイで、メンタルは日本人に近いと本人も感じています。

 

大坂なおみ元コーチから2億円請求され訴えられる

女子テニスの世界ランキング1位・大坂なおみ(21=日清食品)が元コーチから訴えられたと米メディアが19日、報じた。

 

ニュースサイト「TMZ」によると、ジーン氏は大坂の父と賞金の20%が永久に支払われる内容の契約を結んでいたという。全米オープン、全豪オープンを連勝した大坂のキャリア獲得賞金はすでに1083万9756ドル(約12億615万8403円)に達しているため、少なくとも200万ドル(約2億2254万3460円)を要求していると、TMZは伝えている。

 

大坂の弁護士は「なおみはそのような愚かで架空の契約は見てもないし、サインもしていない。ばかげている」と一蹴している。

引用:東スポWeb

13歳の時に指導をしていたコーチと、永久に獲得賞金の20%が支払われる内容の契約を結んだとはにわかに信じがたいですよね。

13歳のころにはそこまでの選手としてアメリカでは見られていなかったはずです。

 

まとめ

これからも勝ち続けると、いろいろ甘い汁を吸いたい人が寄ってくるでしょうね。

そんな人々に惑わされず、日本人選手として勝ち続けて、日本全体へ喜びのニュースが届くよう、たくさんの勝利を期待したいと思います。

コメント