ピコ太郎の寿司ソング、みんなのうたで人気再燃!動画あり!!

エンタメ
スポンサーリンク

こんにちは、トンキーです。

2016年、世界的に大ヒットとなった『ペンパイナッポーアッポーペン』(PPAP)。

歌手「ピコ太郎」が歌う動画の再生回数が世界中で1億回を超えるブームとなりました。そんなピコ太郎が2018年に歌った「寿司ソング」が人気再燃。なんと再生回数が200万回を突破。

どんな歌なのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

ピコ太郎プロフィール


ピコ太郎は芸人「古坂大魔王」が2016年に歌手「ピコ太郎」に扮して生まれたキャラクター。古坂大魔王は1973年7月17日生まれであるが、ピコ太郎1963年7月17日生まれで10歳年上での設定となっています。

そして、古坂大魔王本人はプロデューサーとして活動し、ピコ太郎は別人というキャラクター設定で、世界中を飛び回り活躍しています。

前作「PPAP」はジャスティン・ビーバー(カナダ人歌手)がツイッターで「インターネット上の私のお気に入り動画」と掲載し、そこから世界中へと人気が爆発的に広まったのは記憶に残っていますね。

 

ピコ太郎の寿司ソングとは

PPAPに続くブームとなりそうなピコ太郎さんの歌、題名は「Can you see? I’m SUSHI / PIKOTARO」。ピコ太郎が日本語と英語で寿司ネタを紹介する歌です。

NHKの「みんなのうた」で2018年6月~7月の曲として歌われていました。

今回の楽曲は、その名のとおり「寿司」が題材。

日本を代表する料理として世界中で知られる「SUSHI」ですが、寿司を扱った歌がないと思い立ちピコ太郎さんが作曲。

「SUSHI」をさらに世界中で有名にするため、音楽を通じ日本語と英語で寿司ネタを紹介した楽曲です。

ただし、「ペンパイナポーアッポーペン!」のように簡単に口ずさむには、それなりの努力が必要ですが、この歌を覚えれば、日本の子供は英語を覚え、外国人は日本で「SUSHI」が注文できるという歌になっています。

一部の海外ファンの間では「PPAPを超えた」ともいわれているようです。

 

みんなのうたで人気、寿司ソング動画!

「Can you see? I’m SUSHI」のみんなのうたバージョンです。アニメーションがかわいいですね。

卵がオムレットだったり、鯛はレッドスナッパーだったり、大人でも聞いてみると英語の勉強になりますよ。

Can you see? I'm SUSHI~NHK Minna no Uta ver(NHKみんなのうたバージョン)~ / PIKOTARO (ピコ太郎)

 

まとめ

「PPAP」に続き「Can you see? I’m SUSHI」は世界中で爆発的人気を得られるでしょうか?

SUSHIが世界中の人に認知されるよう、たくさんの人に視聴してもらいたいですね。

コメント