名古屋の工場爆発、場所はどこ?何を作っていた?

生活
スポンサーリンク

2019年8月30日、名古屋市西区の工場で爆発事故が起こり、けが人が数名出ているそうです。

名古屋市西区といえば、名古屋駅からもほど近い場所にあり、人口の多い地域。

そんな場所で起きた爆発事故ですから、周りの被害もあるのではないでしょうか。

詳しい場所が気になります。

 

スポンサーリンク

名古屋の工場爆発、何て名前の会社?

名古屋市西区で爆発を起こした会社の名前は「デムライト(株)」。

少なくとも従業員の方6名が怪我をし、出火したとのことですが、現在火事の方はおさまっている様子です。

 

名古屋の工場爆発の場所はどこ?

「デムライト(株)」は「愛知県名古屋市西区新木町13」に工場を構えています。

昔この辺りに友人が住んでおりよく行ったのですが、デムライト(株)のすぐ近くには高校があり、閑静な住宅街です。

周りも被害が出てないといいですが・・・

なぜ爆発した?

火が出たのは2階で、洗剤を作製する作業中、ボイラーに油を入れたら爆発した模様です。

デムライト(株)は何の工場?

デムライト(株)では化粧品製造工場として稼働しており、アンナペレンナというブランドのナチュラルスキンケア及びナチュラルヘアケア商品を作っていたそうです。

 

酒粕や、米を使ったスキンケア商品、シャンプー、コンディショナーが主力商品です。

デムライト(株)のホームページはこちら

ツイッターの情報

コメント