齋藤飛鳥はハーフで母親の国籍は?高校を中退しているのは本当?

エンタメ
スポンサーリンク

乃木坂46のエース齋藤飛鳥さんって小顔でとってもかわいいのですが、実はハーフって知ってました?

両親のうち母親がなんとミャンマー人なんですよ。

 

ファンはもちろん知っているのでしょうが、普通の人にはあまり知られていない事実なんですよね。

ミャンマー人のお母さんがどんな人か気になりますよね?

 

スポンサーリンク

齋藤飛鳥はハーフで、お母さんの国籍はミャンマー

斎藤飛鳥さんは、母親がミャンマー人でお父さんが日本人のハーフとして東京都で生まれ育ちました。

 

齋藤飛鳥さんは外見が純粋な日本人と全く変わらない見た目で、「本当にハーフなの?」と思ってしまいますよね。

どうしても日本人の感覚だと、ハーフといえば「欧米の髪が茶色くて鼻が高くて」的なハーフを想像しがち。

 

あまり日本人からかけ離れていないハーフの理由は、お母さんの国籍が「ミャンマー」だからでしょうね。

「ミャンマーってどこ?」というと、東南アジアの「タイ」のお隣の国です。

昔は「ビルマ」とも呼ばれていましたね。

 

一般的にミャンマー人は老若男女とても親日的で、日本人に似たメンタリティで基本的にまじめな民族だそう。

 

齋藤飛鳥さんは、生まれた時から見た目も全く日本人の赤ちゃんと何ら違いはありません。

ハーフといわれてみれば、ちょっと鼻筋が通っていて目がぱっちりしているかなという印象。

赤ちゃんでもハーフと聞くと、こんな赤ちゃんを想像しちゃいますよね。

とりあえず少し大きくなった齋藤飛鳥さんに関しては、髪の毛が真っ黒というよりは少し茶色くて目がぱっちりと大きいので、ハーフらしさは感じますね。

そんな理由で、日本人とよく似たミャンマー人のお母さんの血を引いた齋藤飛鳥さんが、現在はハーフに見えないというのもわかりますよね。

齋藤飛鳥がハーフでツイッターの反応は?

齋藤飛鳥の本名は?

ミャンマーの血を引く齋藤飛鳥さん。

何かミャンマー的な本名で、「飛鳥」という名前は芸名なのかと調べてみたら、齋藤飛鳥は全くの本名でした。

 

齋藤飛鳥さんにはお兄さんが2人いるそうなのですが、名に「鳥」の字が入っており、それにちなんでお父さんが「飛鳥」と命名してくれたそうです。

 

女の子で「飛鳥」っていう名前は珍しいですよね。

ぱっと思いつくところでは男性ばかり。

例えばチャゲアスのASUKAさんや、ケンブリッジ飛鳥さん、ライオネス飛鳥さん。

あ、ライオネス飛鳥さんは女性でした・・・w

 

齋藤飛鳥のお母さんは陽気なミャンマー人

齋藤飛鳥さんのお母さんは、齋藤飛鳥さんのことを家では「あしゅ」と呼んでいるそうです。

そんな齋藤飛鳥さん、家での役割は「ボケとツッコミ」をこなし、お母さんとの関係はくだらない冗談を言い合う仲良し。

真面目な性格のミャンマー人のはずのお母さんはとても陽気な性格で、たびたびテレビにも出演しています。

メンバーの実家紹介に登場したお母さん、「エブリバディ、エクササイズ、ハイ!」となかなかのハイテンションで登場。

こんな陽気なお母さんがいたら毎日家は明るく楽しいでしょうね。

 

ただ、仕事で忙しい齋藤飛鳥さんは、お母さんと家に帰ってボケとツッコミの絡みが辛いと思う時は、事前にメールで「今日は無理」とくぎを刺しているそうです。

 

齋藤飛鳥のお父さんは変わってる?

陽気なお母さんと仲良しな齋藤飛鳥さん。

お父さんはどんな人なんでしょうか?

過去に齋藤飛鳥さんがインタビューで答えた情報によると、お父さんは、「キラキラしたものが好きで、女性っぽい一面がある」、「女性が使うギラギラのラメ入りのマニキュアで小指の爪を補強している」とちょっと普通の人の感覚とは違いますね。

 

齋藤飛鳥さんも「パパはちょっと変な人です(笑)」といっていました。

最近は男性もマニキュアをつけている人もいますが、ギラギラのラメ入りとはなかなかですね。

でも実はファッションに敏感な人化も知れないですね。

 

齋藤飛鳥は高校中退なの?

乃木坂46のエースとしてチームを引っ張る齋藤飛鳥さん。

多忙の中、高校生活をどう過ごしているか知りたくなるのはファンの心理ですよね。

高校で仲間たちと過ごす時間は、芸能界を離れて素の自分でいられる貴重な時間です。

 

ただ、中学1年生から乃木坂46で活動している齋藤飛鳥さんは「高校中退」といううわさも出ていますが、情熱大陸に出演した時、通信制の高校にしたと語っています。

 

どこの通信制の高校だったかは、東京都の日出高校だったようです。

乃木坂46のエースとして活躍しているわけですから、やはり通常の高校に通学するのは仕事の忙しさもあり無理なのでしょうね。

齋藤飛鳥の中学はどこ?

齋藤飛鳥さんの中学は、葛飾区立双葉中学校でした。

中学時代には部活に入っており、吹奏楽部でサックスやバスクラリネットを演奏していたそうです。

といっても、中学1年生の夏には乃木坂46の1期生オーディションに合格し入団しているので、退部してしまったそう。

 

当時オーディションで合格した齋藤飛鳥さんはメンバー最年少。

オーディションで披露した歌は、西野カナさんの「if」でした。

 

齋藤飛鳥の小学校は?

齋藤飛鳥さんの出身小学校は葛飾区立上千葉小学校でした。

小学3年生ころまでは明るい性格の齋藤飛鳥さんですが、徐々に心を閉ざし、消極的な性格に変わってしまったそう。

 

小学生時代は4年生でもう一度明るい性格を取り戻そうと『お笑いクラブ』、5年生で『テニスクラブ』、6年生『合奏クラブ』といろいろな部活動に親しみ通っていましたが、小学6年生の時に不登校になり、引きこもりの生活になってしまったそう。

 

当時は先生ともそりが合わなく、また同級生からの意地悪もあったそうです。

そんな時に、もともとは明るい娘の姿を知る母親の勧めで乃木坂46のオーディションを受けています。

 

辛い時もありましたが、前向きにオーディションに参加して、合格を勝ち取ることができて良かったですね。

まとめ

齋藤飛鳥さんはお母さんがミャンマー人でハーフということでしたが、とても陽気なお母さんで仲良しなことがわかりましたね。

お父さんもちょっと変わった人っぽいですが、楽しい家族に囲まれ、今後も芸能活動頑張っていってほしいと思います!

齋藤飛鳥の小顔すぎる比較画像が衝撃!マスクで顔が隠れるの?

齋藤飛鳥は性格良いし優しい?デビューから変わったところは?

コメント