梨衣名の実家が貧乏で壮絶◆高学歴で国立大学卒業ってほんと?

エンタメ
スポンサーリンク

中国出身で元CanCamの専属モデル梨衣名(りいな)さん。

高学歴で、国立大学を卒業したそうなのですが、中国にいた頃は実家が貧乏で壮絶な生活だったそう。

今回は梨衣名さんの中国時代のエピソード、学歴の調査してみました。

 

スポンサーリンク

梨衣名のプロフィール

梨衣名(りいな)さんは1990年3月14日に生まれ、中国の山東省泰安市出身のモデルさんです。

茨城大学工学部に在籍中の18歳の時、『レプロガールズオーディション2008』に出場し、応募総数2万1452人の中からグランプリを獲得

 

副賞に100万円の賞金、レプロエンタテインメントとの専属契約及び東京ガールズコレクションへの出場権を得て、『次期新垣結衣』とレプロエンタテインメントの先輩に続く逸材といわれていました。

 

2009年から女性ファッション雑誌『CanCam』と専属モデル契約をしテレビコマーシャルやファッションショーで活躍しました。

 

梨衣名の中国の時代のエピソード

梨衣名さんの出身は、中国の山東省泰安市の菏洚(ファーツァー)という村。大学の教授だった父親と、小学校の教員だった母親の間に生まれ、9歳まで山東省泰安市菏洚(ファーツァー)で育ちました。

 

育った中国の村菏洚(ファーツァー)は人口80人の小さな村で、ガス、水道のない貧乏な村。電気も最近通ったばかりだそう。

貧富の差が激しくて家にはトイレもなく、庭に穴を掘って用を足していたそうです。

日本に来るまでお風呂という存在も知らなかったと話されていました。

 

当然そんな極貧生活なので、お腹が空いて日本の子供のようにおやつはありません。

お腹がすいてどうしようもないときは、セミやサソリを捕まえて食べていたそうです。

可愛いお顔なのに逞しすぎますね。

もし人類に食糧危機が訪れても平気な顔して、乗り越えていきそうです。

梨衣名の学歴

中国で大学教授をしていたお父さん。ロボット工学研究の発展により日本企業への就職のため家族で日本へ移住してきます。この時梨衣名さんは9歳でした。

それから梨衣名さんは小学校、中学校、高等学校と日本の公立学校に通い、国立の茨城大学工学部知能システム工学科に進学しています。

 

この国立大学を受けるいきさつは、幼いころに日本へ来日した梨衣名さんの、きらびやかな日本の街に憧れ、幼心にモデルになるのを夢に見たことがきっかけ。

そんな梨衣名さんが大学在学中「モデルになりたい」と両親に夢を打ち明けます。

 

しかし、教育者だった両親からはモデルになることを反対。

ただし、「学業を怠らないこと、国公立の大学に入学すること」を条件に許しを得ることができたそうです。

仕事と学業、忙しかったと思いますが、夢がかなえれてよかったですね。

 

そんな梨衣名さん、9歳から暮らした日本なので日本語はペラペラ。中国語も堪能、そして英語まで喋れるそうです。

本当に勉強に手を抜かなかったんですね。

梨衣名には許嫁がいる!?

可愛くて語学も堪能な才女の梨衣名さん。

彼氏なんかは?と思いますが、事務所や、仕事の都合でなく、両親から恋愛禁止の命令が。

実は中国に親同士が決めた婚約者、許嫁(いいなづけ)がいるそうです。

 

梨衣名さん自身もまだ会ったことがないそうなのですが、中国の田舎の風習で、そのような許嫁がいるため恋愛経験もないそうですよ。

ただ日本での便利な生活に慣れてしまった現在、中国に戻って生活するのは厳しいかと・・・

もしほかの男性と結婚したくても、許嫁の男性以上の方が現れない限り梨衣名さんは結婚できないそうです。

まとめ

梨衣名さんの中国時代のエピソード、学歴の調査でした。

何もないような中国の小さな村から出てきて、日本でモデルとして成功してよかったですよね。

今後も活躍して頑張ってほしいと思います。

コメント