大迫傑も履くナイキ・ヴェイパーフライ ネクスト%の発売はいつ?

エンタメ
スポンサーリンク

高速化が進む世界のマラソンレースで、大迫傑選手も履くナイキのヴェイパーフライシリーズ。大迫選手も「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」を履いて日本記録を出しましたよね。

今度は7月に新作「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」を発売すると発表されました。さらに改良されて記録が更新されるのが期待されます。

今回はナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%がどんなシューズなのか特徴を調査してみました。

 

スポンサーリンク

ヴェイパーフライ ネクスト%の特徴は?

ミッドソールのフォームが更に厚くなった!

世界のマラソン界を席巻している「ナイキ ヴェイパーフライ」シリーズ。

この最新作が「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」。

新シューズの持つポテンシャル、最大の注目ポイントは、「厚底シューズ」と呼ばれることになった「ズームXフォーム」と呼ばれるミッドソールが、フロント部分が4mm、ヒール部分は1mmと現行の物よりさらに厚くなったこと。

これによりミッドソール全体でフォーム(衝撃吸収材)の量が15%増量したそうです。もちろん推進力を生みだすカーボンファイバープレートも、フォームの中に内蔵されています。

安定感が向上!

従来品と比べて新作のヴェイパーフライ ネクスト%は、オフセット(踵とつま先部の厚さの差)が11mmから8mmへと3mm下げられたことで、安定感が向上し、着地後に地面を素早く蹴りだせるようになったそうです。

防水性がスゴイ!

さらなる厚底になり、ソール部分は重くなった新作のヴェイパーフライ ネクスト%ですが、アッパー部分の軽量化に成功し、全体の重さは従来品と変わらないそうです。

さらに、従来品では、雨でシューズが重くなっていた部分を改善し、新素材「ヴァイパーウィーブ」を使うことで水分の吸収率を93%カットすることに成功しています。

ヴェイパーフライ ネクスト%のネーミング由来

現在発売されている「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」は、発売当初「ズームストリーク6」よりも4%ランニング効率が高くなることで「4%」の名称になったそう。

今回の「ネクスト%」の由来はエリートアスリートだけでなく、その他のランナーのランニング効率も4%以上改善。使用する人の範囲が広がり、「ネクスト%」という名称になったそうです。

発売日、発売方法、価格は?

一般ランナーもランニング効率が上がる「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」。当然履きたくなりますよね?

この新しいシューズの発売日はロンドン、アメリカで数量限定の先行販売があるそうですが、一般販売はまだ7月としか発表されていません。近くなってきたら正式発表があるでしょうね。

販売方法は「NIKE.COM」のホームページなどから購入できるそうです。

価格は29,700円(税込み)になります。販売を楽しみに待ちましょう。

 

大迫傑選手の試着感想

大迫傑選手がナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニットを着用し、2時間5分50秒という日本新記録を出したのですが、その4%を初めて使った時も感覚が違ったそうなんですが、新作のネクスト%に足を入れた際は「クッショニングがぜんぜん違う」「効率よく走ることや、衝撃が少なくなる(機能がある)ことを感じた」とまた従来品よりもさらに進歩していると実感しているそうです。

大迫傑 | ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%

 

まとめ

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%の調査でした。

大迫傑選手もこのシューズでさらなる日本記録の更新目指し頑張ってほしいですね。

橋岡優輝、両親の経歴がスゴイ!彼女がいるのか調査!

>>スポーツ期待のアスリート情報はこちら

>>美女アスリート情報はこちら

コメント