橋岡優輝、両親の経歴がスゴイ!彼女がいるのか調査!

エンタメ
スポンサーリンク

こんにちは、トンキーです。

走り幅跳びで日本記録に3cmと迫り、東京オリンピックでもメダルの期待がかかる橋岡優輝選手。

かなりなイケメンからも陸上界の新プリンスとして女性ファンが多いんです。

そんな橋岡選手の両親も陸上の経歴が凄いんだとか。

今回は橋岡優輝選手の両親の経歴、女性ファンが気になる彼女の調査してみました。

 

スポンサーリンク

橋岡優輝の両親はどんな人?

日本選手権を連覇している橋岡優輝選手、スゴイアスリートだなと思うのですが、また両親もスゴイ経歴の持ち主なんです。

 

まずはお父さんの橋岡利行さん。棒高跳びの選手で、5m55の自己記録を持ち、これが当時日本記録。そして日本選手権ではなんと7回も優勝の栄冠に輝いています。

また、中学、高校、大学、一般の部とすべてのカテゴリーで優勝に輝いている超スゴイアスリート。

次にお母さんの直美さん(旧姓・城島)。三種競技Bでの全中優勝があり、100mハードル、走幅跳、三段跳で元中学日本記録を保持。高校では100mハードルでインターハイ3連覇を達成。お父さんの利行さんと同様に各カテゴリーで優勝に輝いています。

 

橋岡優輝選手の日本選手権2連覇、お父さんは「まだ優勝2回か、まだまだだな」って言ってそうですよね。

こんなスーパーアスリートの両親から、イケメンスーパーアスリートが誕生したわけです。

 

橋岡優輝の親戚もスゴイ!

お母さんの直美さんの妹・良子(りょうこ)さんもアスリートで、埼玉栄高でお姉さん同様100mハードルを専攻。優勝はかないませんでしたが、インターハイでは3年連続の入賞(3年時は2位)を記録。その後2000年シドニーオリンピックに走り幅跳びの日本代表として出場した渡邉大輔さんと結婚されています。

この渡邉大輔さん、現役を引退すると母校・八王子高の陸上部で顧問に就任。甥っ子である橋岡優輝選手を走り幅跳びの名選手に育て上げています。

 

さらにさらに、お父さんの橋岡利行の弟和正さん。直美さんの中学、高校時代のチームメイトで全中200m優勝の記録を持つ深雪さん(旧姓・笹川)と結婚。この2人の間に生まれたのがサッカーJリーグの浦和レッズに所属する橋岡大樹選手です。

橋岡優輝選手はこんなすごい家族に育てられ、アスリート一家のサラブレッドという形容詞がぴったりです。陸上だけでなく、他のスポーツをしていても脚光を浴びていたかもしれないですね。

 

>>橋岡優輝の中学、高校の経歴が知りたい方はこちら!

 

橋岡優輝に彼女はいる?

アスリート一家のサラブレッド、橋岡優輝選手に彼女はいるのでしょうか?

イケメンだし大学生なので、それなりの恋愛とかしていそうですが、情報は全くなく分かりませんでした。

でも、彼女がいて、その彼女がアスリートで、もし将来結婚なんかして子供ができたら、スーパーアスリートが誕生するわけで・・・

そんな子供がどんなスポーツ選手になるか、妄想が膨らんでわくわくしてきますね。

 

橋岡優輝はダイヤモンドアスリート

橋岡優輝選手はダイヤモンドアスリートに選ばれています。

「なにそれ?」って思いますよね。

日本陸上連盟の公式サイトで以下のように書かれています。

 

ダイヤモンドアスリートとは

2020年東京オリンピックと、その後の国際大会での活躍が大いに期待できる次世代の競技者を強化育成する「ダイヤモンドアスリート」制度。東京オリンピックを契機に中・長期的にエリートを育成するために選ばれた競技者である。陸上競技を通じて、競技的にはもちろん、豊かな人間性を持つ国際人となり、今後の日本および国際社会の発展に寄与する人材として期待される競技者。

 

目的

選出された競技者は、プログラム内容に示す様々なプログラムを受け、中長期的に着実かつ個別的なパフォーマンス向上を達成し、東京オリンピックにおいてメダルを獲得するとともに、日本陸上界の競技者育成のためのプログラムとして2020年以降の日本陸上界に育成システムとしてのレガシーを残すことも本プログラムの目的とする。

 

概要

個を重視したアスリート育成のためのプログラムを準備し、アスリートの成長と競技力向上を多面的にサポートするものである。

また、アスリートを指導するコーチの育成も必須であるため、ハイパフォーマンスコーチ養成と連動したプログラムを展開する。

引用:日本陸上競技連盟公式サイト https://www.jaaf.or.jp/diamond/outline/

橋岡優輝選手はダイヤモンドアスリートということは、東京オリンピックはもちろん、中・長期的に活躍するよう選ばれたエリート競技者なんですね。かっこよすぎます。

ダイヤモンドアスリート橋岡選手 御礼メッセージ

まとめ

橋岡優輝選手の両親の経歴、彼女の調査でした。

両親が凄いだけでなく、親戚中凄い人たちでしたね。

来年の東京オリンピックではまだ21歳の橋岡選手。その後の大会もどんどん狙えますね。

お父さんの日本選手権7回制覇を抜き、世界でもメダルを取れるよう頑張ってほしいと思います。

橋岡優輝の中学、高校経歴紹介!いとこがJリーガーって本当?

橋岡優輝はイケメンで筋肉もスゴイ!横浜流星にそっくり!画像で比較!

>>スポーツ期待のアスリート情報はこちら

>>美女アスリート情報はこちら

コメント