中山雄太の経歴、プレースタイルは?イケメンでびっくり!画像で確認

エンタメ
スポンサーリンク

こんにちは、トンキーです。

6月に行われる「キリンチャレンジカップ2019」に、オランダのズヴォレで活躍する中山雄太選手が初選出されました。

今回はサッカー日本代表のA代表初選出の中山雄太の経歴、プレースタイルとイケメンで人気が出そうな画像を調査してみました。

 

スポンサーリンク

中山雄太のプロフィール、経歴

今回初めてA代表に選出された中山雄太選手は、1997年2月16日生まれの茨城県出身。

身長は181cm、体重76kg。利き足は左。

地元茨城県で教師の両親と兄と暮らし、サッカーを始めたのは小学校1年時、兄も入っていた北文間スポーツ少年団に入団しました。

中学から下部組織に入団

中学2年時には所属していた龍ケ崎市立愛宕中学校サッカー部から、茨城県トレセンに選出。そのトレセンでは柏レイソルU-15と練習試合を行い、活躍する姿が柏レイソルのスタッフの目に留まりスカウトを受けました。

中学3年時から柏の下部組織に入団後は、中盤からディフェンスラインまで様々なポジションをこなし、高校2年になると16歳という若さながらトップチームに2種登録されるまでになりました。U-16の頃から年代別代表でもキャプテンマークを巻くなど同世代の中心的なまとめ役として活躍してきています。

 

高校3年時にはチームのキャプテンにも歴任し、2015年にはトップチームへ昇格。若いながらも多くの試合出場の経験を持ち、2017年にはJリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞しています。

今後の活躍次第では、日本代表のキャプテンにもなりそうな選手ですよ。

中山雄太 Yuta Nakayama ► 柏の未来を照らす男 2018

 

中山雄太のプレースタイル

活躍が評価されA代表に選ばれた中山雄太選手のプレースタイルは、どのようなものか気になりますよね。

中山雄太の主なポジション

現在はセンターバック(CB)を務める中山選手。

元々中盤のポジションもこなし、様々なポジションを経験してきたことがCBの位置で落ち着いたプレーを見せる1つの要因となっています。けが人が出た時などは複数のポジションをこなすことができるポリバレントな選手として、チームへの貢献度が高いといえるでしょう。

 

CBとして活躍していますが、中盤のポジションを経験しているためビルドアップが上手く、左足から展開されるボールは質も高く、攻撃の中心ともなれる選手です。

現代サッカーのCBは、「ただ守れるだけ」の選手はもう通用しなくなっています。

攻撃参加も求められ賢くて、うまくなければいけないし、守備も攻撃も高いレベルでゲームメイクができる能力も必要とされています。

珍しい左利きのセンターバック

また中山選手は利き足が左足ということが珍しいポイント。

世界的にみても足りないといわれているポジションが左利きのCBだといわれています。

右利きの選手がほとんどだと思いますが、右利きの選手が左のセンターバックに入った時、左への展開がスムーズに行えず、一瞬の動きの判断のミスが失点につながりやすくなるんです。

ところが左利きのCBが左足でボールを受け、左に展開する動きを自然に行えることで、リスクを回避するのと並行して、大きな展開を生みだせるのです。

左利きの少数派なので、今後の成長次第では替えの効かない選手になるといっても言い過ぎではないと思いますよ。

 

中山雄太のイケメン画像!?

センターバックとして期待値の高い中山選手。

プレー面だけでなく、イケメンとしても認知されています。

そんな中山選手のイケメン画像をいくつかピックアップしました。

オランダに行ってヒゲが生えてワイルドな感じになっています。

CBは強い男じゃないといけませんから、似合っていると思いますよ。

 

まとめ

中山雄太の経歴、プレースタイルとイケメン画像でした。

A代表でも、来年の東京オリンピックでも守備の要として定位置を掴んでほしい、楽しみな選手です。

今後も応援していきたいと思います。

中山雄太の中学高校の学歴がスゴイ!彼女はいるのか調査!

安部裕葵イケメンでプレースタイル評価もスゴイ!画像、動画でも調査!

>>話題のサッカー選手情報まとめはこちら

>>スポーツ期待のアスリート情報はこちら

>>美女アスリート情報はこちら

コメント