西純矢の球種、球速がスゴイ!西勇輝と親戚って本当?

エンタメ
スポンサーリンク

こんにちは、トンキーです。

今年のドラフトでも上位指名が予想されている本格派右腕、創志学園の西純矢選手。

2年生の時から甲子園で活躍し、ガッツポーズが派手過ぎて審判に注意されるなど話題となりました。2019年も再び甲子園に帰ってこられるか注目されていますね。

そんな西選手は、現在阪神タイガースで活躍する西勇輝選手と親戚なんだとか。

今回はそんな西選手の球種、球速、西勇輝選手との親戚関係を調査しました。

 

スポンサーリンク

西純矢プロフィール

西純矢選手は広島県廿日市出身で2001年9月13日生まれ。

小学2年生の時に地元の軟式少年野球チーム「鈴が峰レッズ」に入団。入団当初はピッチャーではなく、キャッチャーを務めていました。もしかしたら幼いときはぽっちゃりドカベン体型だったかもしれないですね。ピッチャーとして投げ始めたのは小学6年生からだそうです。

 

小学校を卒業し、阿品台中学校に進むと、硬式野球チーム「ヤングひろしま」に入団します。ここでエースとなり、中学2年時には全国制覇をする原動力として活躍しました。

その後中学3年生になると球速は142キロを記録。元メジャーリーガーの野茂英雄さんが設立した「NOMOジャパン」の日本代表選手にも選出され、アメリカ遠征も経験しています。

一躍有名人な西選手の元へは、たくさんの強豪校からスカウトが来たそうです。142キロなんてほぼプロと変わらないですから、当たり前ですよね。

そんな中、西選手は地元広島から近い、岡山県の創志学園高等学校に進みました。

高校でも、2年生の時に背番号1を背負いエースとなります。そしてチームを甲子園出場に導きました。2年生時甲子園で150キロをマーク。3年生最後にも甲子園にチームを導けるか活躍が楽しみですね。

西純矢の球種、球速

西選手の球速は最高150キロを誇ります。球種及び変化球は、ストレート・スライダー・カーブ・縦のスライダー・フォーク・チェンジアップなど。特に試合ではストレートと縦のスライダー軸に試合を組み立てます。

西選手は球が速いだけでなく、打者のインコースを突いたかと思えば、次はアウトコースいっぱいを狙うコントロールも持ち合わせ、精度の高さもあり奪三振率は非常に高くなっています。

【2019ドラフト上位候補右腕】創志学園高2年生・西 純矢(阿品台中※ヤングひろしま)

西純矢のスカウトの評価

2019年のドラフトで、高校生の中では当然上位指名となりそうな西選手。

スカウトからの評判もいいようです。

 

東北楽天、広島、阪神など8球団11人のスカウトが視察し、楽天・山下勝己スカウトは「去年まではがむしゃらに投げているだけの印象だった。きょうは力を抜いた感じで140台後半が出ている」と成長を評価すると、広島の白武佳久スカウト部長も「3回くらいからリラックスしていた。これだけのものを見せてくれたら楽しみ。」と話し、「上位候補なのは間違いない」と高い評価を示した。

 

また阪神の山本スカウトも「ストレートも速いし、変化球も切れる。腕の振りも速い。」と話し、こちらも「間違いなく上位候補」と評価した。

引用:ドラフト会議 https://www.draft-kaigi.jp/highschool/high-draftnews/45293/

 

西純矢と西勇輝の親戚関係とは

ピッチャーとして高い評価を受ける、西選手。

やっぱり遺伝子が凄いのか、実は阪神タイガースに所属する、西勇輝選手と遠い親戚だということなんです。

ただ、家族には親戚とても多く、年始に集まったりすると誰が誰だかわからないくらいたくさんの人が集まるそう。そのため、西純矢選手、西勇輝選手共に面識はなく、「たぶん祖父とつながりがあるんだと思う」と本人たちも家系を理解していないそうです。

 

どのようなつながりかは分かりませんでしたが、親戚なのは間違いなさそうですね。

そして、西純矢選手は広島カープファンということなので、もしセリーグ入りしたら、西勇輝選手との投げ合いが多くみられ話題になりそうですね。

まとめ

西純矢選手の球種、球速と西勇輝選手との親戚関係の調査でした。

2019年夏の甲子園で大活躍して、ドラフト上位で指名されるようになるといいですね。

及川雅貴の中学どこ?プレースタイルを調査!イップスになったって本当?

星稜、奥川恭伸の出身中学どこ?球種、プレースタイルをチェック!

佐々木朗希の震災経験が壮絶。父を亡くし家族の現状は?プレースタイルがスゴイ!

コメント