久保建英の評価は高い?海外の反応がべた褒めで争奪戦勃発!?

エンタメ
スポンサーリンク

こんにちは、トンキーです。

FCバルセロナの下部組織で育ち、現在はFC東京で活躍する久保建英選手。東京オリンピックへの出場も期待されており、将来の日本代表での活躍を心待ちにする選手ですよね。

今回はそんな久保選手の評価や、海外での反応はどのようなものがあるのか調査してみました。

 

スポンサーリンク

久保建英の評価

久保建英選手の評価は、今シーズンの活躍ぶりから普段辛口なセルジオ越後さんも、J1リーグ第11節ジュビロ磐田戦で得点を決めた後、「彼は点取り屋じゃない。去年も決めたのは1点だけ」としつつも、得点が久保選手の評価基準にならないとコメント。

試合に出られず、FC東京から横浜Fマリノスに期限付き移籍し、そこでも出番がなく戻ってきて挫折を味わいつつも、今年はほとんどの試合に出場し、首位に立つチームの中心として欠かせないプレーヤーになっていることを評価しています。

どこが良くなった?

現在の久保選手はマリノスに在籍した昨シーズンと比べて、子供から大人になったと言えるほどの飛躍的変化を遂げています。

以前はひ弱さも目立ち、守備で後れを取ることもあり、なかなか試合出場がかないませんでしたが、移籍した横浜Fマリノスでの苦労をバネに、精神的に強くなり、キャンプからも肉体改造をして体を作り当たり負けしなくなりました。

そこにもともと持ち合わせていた才能が開花し、守備では強度の高いプレスを見せ、カウンターでは力強くドリブルで運び、広い視野で鋭いパスを散らし、現在の活躍につながっているといわれています。

 

所属するFC東京の監督長谷川健太監督も「オランダに移籍する前の堂安律には匹敵する」と進化の度合いを誉めています。また日本代表の森保監督も現在の活躍に代表の候補として見ていきたいと評価をしています。

日本代表のユニフォームを着るのは時間の問題ですね。

 

久保建英に対する海外の反応

今シーズン飛躍的進化を遂げた久保建英選手の活躍に、海外の反応はどのようになっているでしょうか?

まずは久保建英選手の元所属先スペインのFCバルセロナの大手全国スポーツ紙『Mundo Deportivo』には、「タケがゴラッソを決めた!日本で輝きを放ち続けている」と掲載。

「バルセロナのマシア(下部組織)でプレーした17歳のヤングタレントが、母国の日本に舞い戻り、飛躍的な進化を続けている。今季のJ1リーグで首位を走るFC東京でレギュラーに定着し、ジュビロ戦では11節で10試合目となる先発を飾った。そして正真正銘のゴラッソを蹴り込んで、チームを勝利に導いたのである。重要な局面で試合を決める、完全にチームの主役となっているのだ」

「2か月前に我々はバルセロナがこの夏にタケの獲得にふたたび動くと報じたが、いまはまた状況が変わった」と記し、「いまやレアル・マドリーなど、欧州の複数のクラブが彼に熱視線を送っている」

引用:サッカーダイジェスト https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=58519

 

現在、久保選手への海外の反応は、スペインや英国などの複数メディアで伝えられるほど注目され、べた褒めされています。

また、FCバルセロナに戻るといわれている久保選手に、ライバルのレアル・マドリードが移籍金1600万ユーロ(約20億円)以上を出すと、天才少年の争奪戦になる可能性も伝えています。

本当に海外でも評価されているのが伝わってきますね。

 

まとめ

今シーズン大活躍する久保建英選手の評価や、海外での反応の調査でした。

FCバルセロナに戻るといわれている久保選手を、ライバルのレアル・マドリードまで狙っていると評価はうなぎのぼりですね。

どこまで成長していくか楽しみでなりません。

久保建英の弟もサッカー選手!両親の仕事は何?教育方針がスゴイ!

>>話題のサッカー選手情報まとめはこちら

>>スポーツ期待のアスリート情報はこちら

>>美女アスリート情報はこちら

コメント