星稜、奥川恭伸の出身中学どこ?球種、プレースタイルをチェック!

エンタメ
スポンサーリンク

こんにちは、トンキーです。

150km/hを超える速球を投げ、メージャー球団、そして日本球団も注目の星稜高校、奥川恭伸選手。

佐々木朗希選手と並び、高校球児ナンバーワンピッチャーといわれています。

そんな2019年ドラフト1位候補の星稜高校のエース、奥川恭伸選手の出身小学校、中学校や球種、プレースタイル調査してみました。

 

スポンサーリンク

奥川恭伸の出身小学校、中学校どこ?

星稜高校の奥川恭伸(おくがわやすのぶ)選手は、身長183cm、体重82kgの右投げ右打ちの投手。

かほく市立宇ノ木小学校から石川県かほく市宇ノ気中学に入学し、中学校の軟式野球に所属していました。

野球は小学校3年生から地元の少年野球チーム「宇ノ木ブルーサンダー」に入団。

ここで中学校、星稜高校でもバッテリーを組む山瀬慎之助選手と出会います。

県外からも入学者の多い星稜高校野球部ですが、奥川選手は地元石川県出身なんです。

中学3年生時、投げては奥川、打っては山瀬と「第38回全国中学軟式野球大会」で見事優勝していますね。

 

奥川恭伸の球種、プレースタイルは?

奥川恭伸選手は最速151㎞/hの直球が持ち味。

高校生でまだまだ筋力がアップして、伸びしろがあるため今後も球速がアップするのは間違いないですね。球種はスライダー、ツーシーム、フォーク、カーブ、チェンジアップと多彩でバッターを翻弄。高校生でこれだけの変化球が投げられるのは器用です。

 

プレースタイルは直球とスライダーを軸に試合を作っています。

自慢の速球で打者を追い込み、多彩な変化球でアウトを重ねるというのを確立しています。

北信越大会では1試合平均11.25の三振率で、与四死球率も0.90と制球力もありまさに剛腕の本格派投手です。

見た目も、現在ニューヨーク・ヤンキースでプレーする田中将大投手に似ていますね。

持ち球の多さも田中選手のよう。田中選手に並ぶような選手になれる器がありそうです。

奥川恭伸のスカウトの評価

完成度の高い投手として、奥川恭伸選手のスカウトの評価も上々の様子。

各リーグのスカウトさんの声は下記の通り。

「ここ10年では一番の完成度。松坂大輔、ダルビッシュ有、田中将大に匹敵する。ドラフト1位はもちろん、高卒ながら即戦力として考えられる」(パ・リーグスカウトA氏)

「去年から成長しているのが明らかにわかる。真っすぐとスライダーだけでゲームをつくれる。それに加えてフォークもあるんだから、バッターは大変ですよ。これほど完成度の高いピッチャーは、過去にいなかったのでは……。感心しました」(パ・リーグスカウトB氏)

「どの球種もコントロールとキレがあって、すべてにおいて高いレベル。非の打ちどころがない。今の段階でプロ野球のローテーションで投げていてもおかしくない実力がある」(セ・リーグスカウトC氏)

「角度があって、低めにしっかり投げ切ることができる。相手を見て、力を入れたり、抜いたりしながら投げているところも非凡。ああいうことができれば故障もしないでしょう」(セ・リーグスカウトD氏)

引用:Web Sportiva https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/hs_other/2019/04/04/___split_23/

【星稜高校】奥川恭伸投手 圧巻 17奪三振ショー 全投球ハイライト版 2019センバツ

まとめ

星稜、奥川恭伸選手の出身中学、球種、プレースタイル調査でした。

夏の甲子園で大暴れし、続くプロ野球でも令和の怪物として大活躍を期待しています。

佐々木朗希の震災経験が壮絶。父を亡くし家族の現状は?プレースタイルがスゴイ!

及川雅貴の中学どこ?プレースタイルを調査!イップスになったって本当?

西純矢の球種、球速がスゴイ!西勇輝と親戚って本当?

コメント