ケンブリッジ飛鳥の経歴、家族構成は?妹がかわいい!画像で確認!

エンタメ
スポンサーリンク

東京オリンピックへ向けて注目の陸上男子短距離、ケンブリッジ飛鳥選手。

イケメンで、そして速くてかっこいいですよね。

リオデジャネイロ五輪の日本代表選手として、4×100mリレーで銀メダル獲得に貢献しました。

東京オリンピックでは金メダルの可能性も期待できる、ケンブリッジ飛鳥選手の経歴、家族構成、かわいい妹さんのこと調査しました。

 

スポンサーリンク

ケンブリッジ飛鳥の経歴、プロフィール

ケンブリッジ飛鳥選手の本名は、「ケンブリッジ 飛鳥 アントニオ」といいます。1993年5月31日にジャマイカで生まれ日本に来日したのは2歳の時。子供の頃は、大阪市都島区に住みサッカー少年でポジションはミッドフィルダーだった。

 

ケンブリッジ飛鳥の中学校

陸上を始めたのは、大阪市立淀川中学校に進学して陸上部の顧問の先生が「君は絶対に速くなる」と勧めらたから。

しかし、中学3年生に上がる時、家族の仕事の事情で東京へ住所を移し、陸上の強豪校「江東区立深川第三中学校」へ転校することになります。

ここから陸上の成績が向上しだし、中学3年生で全日本中学校選手権の200mに出場。惜しくも予選敗退となってしまいましたが、同時期北京五輪をテレビ観戦し、ウサイン・ボルト選手に憧れ、オリンピックを目標とするようになりました。

 

ケンブリッジ飛鳥の高校

オリンピック出場を目標にしたケンブリッジ飛鳥選手は、高校に私立の「東京高等学校」を選択します。卒業生には落語家の立川談志さん、女優の野村佑香さん、EXILE のMAKIDAIさんなどがいます。

この東京高校は陸上部やラグビー部が強い高校で、数々の選手をトップリーグに送り込んでいるのですが、ケンブリッジ選手は入学当初、怪我の影響もあり、なかなか良い成績を残すことができませんでした。しかし、怪我も癒えると高校2年時に100mの記録は10秒台に突入。

高校3年生の時にはインターハイ4×100mリレー(2走)で高校日本一。日本ジュニア選手権200mで優勝を飾り、日本選手権リレーの4×100mリレー(2走)では40秒02の高校記録(当時)を出しています。

 

ケンブリッジ飛鳥の大学

東京高校を卒業したケンブリッジ選手は、「日本大学文理学部体育学科」に進みます。

大学2年時、初の国際タイトルとなる東アジア大会200mで優勝を獲得。

その後もさらなる飛躍を目指し、父親、そして憧れの人ウサイン・ボルト選手の母国ジャマイカへ渡り、1週間、ウサイン・ボルト選手も担当したコーチの指導の下、肉体改造とトレーニングを行いました。ここでのトレーニングで才能が目覚めたケンブリッジ選手は大学4年時、織田記念国際GP100mで桐生祥秀などに競り勝ち初優勝しています。

 

ケンブリッジ飛鳥社会人時代

大学を卒業したケンブリッジ選手は株式会社ドームに入社。

入社した年の2016年、東日本実業団陸上競技選手権・男子100m予選でリオデジャネイロオリンピック参加標準記録を突破する10秒10を記録。その後も陸上日本選手権・男子100mで優勝し、リオデジャネイロオリンピックに出場。リオデジャネイロオリンピック男子100mでは準決勝に進出しましたが、惜しくも決勝進出は逃しています。

しかし、男子4×100mリレーで(山縣亮太-飯塚翔太-桐生祥秀-ケンブリッジ飛鳥)日本チームのアンカーとして出場し、ジャマイカに次ぐ2位となり銀メダルに獲得に貢献しました。

現在は株式会社ドームを退職し、所属先をナイキとしています。

 

ケンブリッジ飛鳥の家族構成は?

ケンブリッジ飛鳥選手の家族は、ジャマイカ人の父と日本人の母がいます。

イケメンのケンブリッジ選手は、渋谷や原宿を訪れた時に、何度も「モデルやってみない?」とスカウトされたことがあるそう。

そんなケンブリッジ飛鳥選手にはかわいい「ケンブリッジ沙紗(さしゃ)」という妹もいます。

過去には沙紗さんも陸上選手として活躍して、槍投げの種目に打ち込んだそうです。

現在はファッションブランドTommy Bahama(トミーバハマ)で、銀座のショップで店員さんとしてお勤めだそうです。

 

まとめ

イケメンでそして走りも早いケンブリッジ飛鳥選手の経歴、家族構成でした。

東京オリンピックでは4×100mリレーでウサイン・ボルト選手の引退したジャマイカを打ち破って金メダルの可能性もありますよね。

ケンブリッジ飛鳥選手の走りに期待したいと思います!

今井月はハーフ?母の死因、高校大学調査!東京オリンピックメダル候補!

>>スポーツ期待のアスリート情報はこちら

>>美女アスリート情報はこちら

コメント